藤吉修崇の公式ホームページ

Nobutaka Fujiyoshi Official Site

ユーチューバー弁護士藤吉の出演ネガ画像 ユーチューバー弁護士藤吉の出演ネガ画像

『ABEMAヒルズ』で「Vtuberの同人誌朗読で炎上問題」についてコメント

「ABEMA TV」で3月31日に放送された番組『ABEMAヒルズ』で、Vtuberが動画内で同人誌を朗読して炎上した問題について、「Vtuberは著作権侵害をしたのか?」「同人誌作者は動画削除の権利があるか?」「Vtuberと同人誌作者のどちらに正当性があるか?」といった点について、弊所代表弁護士・藤吉がコメントしました。

『弁護士ドットコムニュース』で元衆院議員の不倫問題について解説

元衆院議員の宮崎謙介の不倫が「文春オンライン」で報じられた件について、ホテル密会で「不貞行為はなかった」という言い分が通るか、弊所代表弁護士・藤吉が『弁護士ドットコムニュース』で解説しました。 インターネット上には、5ちゃんねる以外にも様々な掲示板が存在し、日々、多数の人が閲覧しています。 また、現在では、facebook、mixi、Twitter、Instagram、など様々な種類のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が存在し、多数の人の目に晒されております。このような環境において、誹謗・中傷された書き込みを削除せずに放置しておくことは、進学や就職活動、転職活動などにも影響を及ぼしかねず、極めて危険です。 特に、飲食店を始めとする経営者様にとって、事実無根の投稿をされることは営業活動の妨害に他ならず、投稿を放置することは、来客を遠のかせるほか、スタッフの募集に影響を及ぼすこともあります。

『ABEMAヒルズ』で“男女交際禁止”校則訴訟について解説

東京の私立高校で「男女交際」を禁止する校則に違反したとして自主退学を勧告された元生徒の女性が、高校を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしたことが話題になりました。 男女交際を校則違反とする退学は違法かどうか、弊所代表弁護士・藤吉がABEMA TVの番組『ABEMAヒルズ』(ABEMA/2021年2月5日放送)でいくつかのポイントを示し解説しました。

『週刊エコノミスト 3月16日号』に掲載されました

『週刊エコノミスト 3月16日号』特集「コロナ後に残る弁護士」の記事「ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術」のYouTube(ユーチューブ)の項目で、弊所代表弁護士・藤吉をご紹介いただきました。

『毎日新聞』2020年12月16日付記事でネット誹謗中傷問題について

毎日新聞サイトで2020年12月16日公開された記事「SNS中傷防止に追いつかない法規制」で、弊所代表弁護士・藤吉がネットの誹謗中傷問題についてコメントしています。

『弁護士ドットコムニュース』で
小室圭さんの「解決金」問題についてコメント

弁護士ドットコムニュースで2021年04月13日公開された記事『小室圭さん、「解決金」提案でも長引く可能性 「相手がお金では納得しない恐れも」』で、弊所代表弁護士・藤吉が、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが母親の元婚約者の男性に「解決金」を払う意向であると報じられた件についてコメントしています。